1台の携帯で日本での番号も海外での番号も使用する方法

海外留学・駐在

前回の記事で 日本の番号も残しておきたいので楽天モバイル と アメリカの番号も必要なのでアメスマ を持つことを決めました。

実は楽天モバイルはeSIMに対応しているのでiPhoneのデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)の機能を使えば1台の携帯で楽天モバイルとアメスマの着信を両方ともできます。

使用方法は慣れてしまえば携帯電話が2台持ち歩かなくで済むのでオススメです。

どうやって1台の携帯で2つの番号を使用するか説明していきたいと思います。

デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)ってなに?

そもそもデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)って何?って思う人が多いと思いますが

1台のスマートフォンに2枚のSIMを挿入し、SIMを切り替える必要がなく、
どちらのSIMに紐づく電話番号に着信があっても電話を受けることが可能。

のことです。

今までは2枚のSIMカードを差せる機種を購入して使用することが多かったのですが、2019年以降発売したiPhoneはeSIMに対応しています。

そのため iPhoneは eSIM と nanoSiM  を組み合わせてDSDSにできるんです。

eSIM・・・物理的なSIMカードなしに本体にSIM情報を記憶する方法
nanoSIM・・・従来のSIMカード

対応しているiPhoneはXS, XR以降の機種で以下の通りになります。(2021年7月現在)

  • iPhone XS,XS Max, XR
  • iPhone 11, 11Pro, 11Pro Max
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 12, 12Pro, 12mini

すでにXS,XRが発売されてから2年経つので意外と新たに購入しなくても持っている人も多いんじゃないでしょうか。

私もSIMロック解除されてるiPhone11を使用していました。

SIMロックでないと楽天は使えないので注意して下さい。

今回2020年から楽天モバイルがeSIMに対応しているので

eSIM ⇒  楽天モバイル
nanoSIM ⇒ アメスマ

としたので海外で日本の番号とアメリカの番号を1台のスマートフォンで使用することができるようになりました。

もちろんnanoSIMの方はアメスマでなくても色々な携帯電話会社があるので検討してみてください。

ネットだけで簡単、楽天モバイルのeSIMの申込み方法

nanoSIMは物理的にSIMカードを差し込むだけなので疑問を持つ人は少ないと思いますが「eSIMなんて大変じゃない?」って思っている人にeSIMはインターネットだけで申し込みができちゃうんです。

  1. 「my楽天モバイル」アプリをインストールする
  2. アプリから「eSIM」と「AIかんたん本人確認(eKYC)」で申し込む
  3. アプリから開通する

超簡単な3STEPだけで約30分あれば全部終わります。

楽天モバイルのHPで詳しく書いてあるので確認してください。

これならば海外出発前に時間がなくてもインターネット上で本人確認ができてSIMカードを受け取らず開通できるので簡単ですよね。

ぜひ試してみてください。

コメント