産業医講習会の集中講座一覧(2022年8月更新)

内科・産業医
スポンサーリンク

人気の高い産業医の集中講座ですがどんどん日々更新されていくので1つのページでまとめていきたいと思います。

ここで扱うのは新規取得のための集中講座となります。

産業医の集中講座とは

ざっくりいうと 産業医の資格を一気に取得できる講習会 です。

産業医の講習会を集中講座で取れば最短で6日で取れます。

どの講習会を取れば良いか悩まなくて済みますし、何より短期間で取れるのが良いですよね。

そしてもう一つのメリットは産業医の資格に必要な知識をしっかり網羅して身につけられます。

別々にとると単位は認められますがかぶってしまったり逆に抜けてしまったりすることがあります。

抽選と先着順があるので注意して下さい。

産業医の集中講座のまとめ

産業医科大学

夏季集中講座(福岡県北九州市)

7・8月 連続6日間 110,000円(徐々に値上がりしています 2020年100,000円) 2クール 720名

2022年度情報

第1クール 2022年7月25日(月)~7月30日(土) 360名

第2クール 2022年8月1日(月)~8月6日(土) 360名

募集予定 4月1日~7日 抽選あり

受講料 110,000円

場所 北九州国際会場

産業医科大学|産業医学基礎研修会集中講座

・冬季集中講座(東京都府中市

11月もしくは2月 連続6日間 

160,000円(2021年から10,000円アップ) 280名

場所はクロスウェーブ府中

2022年度情報

2022年11月21日(月)~7月26日(土) 280名

募集予定 8月1日(0:00)~15日 先着順で380名受付し280名の抽選

受講料 160,000円

場所 クロスウェーブ府中

産業医科大学|日本医師会認定産業医制度基礎研修会

東京医科歯科大学(東京都文京区)

8月 連続7日間 250名

医科歯科大学医師会会員 30,000円

本学勤務医・上記以外の医科同窓会会員 50,000円

東京都医師会会員 60,000円

道府県医師会会員 80,000円 

非会員 100,000円

2022年情報

2022年8月11日(木・祝)~17日(水)

募集   2022年6月22日(水)14時~ 先着順

受講料  医科歯科大学医師会会員 30,000円

     本学勤務医・上記以外の医科同窓会会員 50,000円

     東京都医師会会員 60,000円

     道府県医師会会員 80,000円 

     非会員 100,000円

場所   東京医科歯科大学

https://www.tmd-ishikai.jp/info/training.html?

こちらは先着順なので注意して下さい。東京なので早めに埋まります。

2022年は数分で埋まりましたね。

帝京大学(東京都板橋区)

夏季3日間(7月)+ 冬季4日間(2月の週末2回)

夏季 150名(先着順) 冬季 定員不明

夏季 帝京大学医師会員 3 日間 36,000 円 (資料代含む)

   東京都医師会員 3 日間 55,000 円 (資料代含む)

   道府県医師会員 3 日間 69,000 円 (資料代含む)

   非会員 3 日間 71,000 円 (資料代含む)

冬季 値段不明

場所 帝京大学板橋キャンパス

帝京大学の集中講座はあまり知られてないですし、申し込みがFAX、夏季と冬季の両方を受けないといけないので人気度は高くありません。

最近は他の集中講座が人気が高いことから、めんどくさがりでなければ帝京大学はオススメです。

東北大学(宮城県仙台市)

11月連続2日+12月連続2日+1月連続2日 72,000円 120名 先着順

2021年は東北地方在住限定、120名→80名となっていました。

2021年11月6日(土)~7日(日)

2021年12月18日(土)~19日(日)

2022年1月8日(土)~9日(日)

http://www.doh.med.tohoku.ac.jp/

自治医科大学(栃木県下野市)

第1回 8月連続3日間 + 9月連続3日間 180名 先着順

申込受付 6月19日~

第2回 1月連続3日間 + 2月連続3日間  180名 先着順

申込受付 10月23日~

1日12,000円 計72,000円

募集は自治医科大学附属病院のページのニュースから確認できます。

応募も同様にそこのリンクから申込めます。

ただ現在は募集はないようです。

自治医科大学附属病院
自治医科大学附属病院は、建学の精神である「医療の谷間に灯をともす」総合医的精神を尊ぶ伝統を大切にし、北関東地域における高度医療機能の病院として、日進月歩する専門医療の充実に努めています。

2020年、2021年ともにコロナで中止になっています。

なのでちょっと古いですが、2019年の情報です。

第1回 2019年8月24日(土)~26日(月) 9月20日(金)~22日(日)

第2回 2020年1月18日(土)~20日(月) 2月7日(金)~9日(日)

獨協医科大学(栃木県壬生町)

8月9月の日曜 6日間 200名 54,000円 先着順

2021年はコロナで中止になっていますが、2021年の情報です。

2021年8月22日・29日・9月5日・19日・20日・26日 全て日曜日

https://www.dokkyomed.gr.jp/doso-kai/産業医講習会/

岡山大学(岡山県岡山市)

7月連続3日間 + 9月連続3日間 80,000円 180名 先着順

2022年情報

1)2022年7月16日(土)~ 7月18日(月・祝)

2)2022年9月17日(土)~ 9月19日(月・祝)

(予備日)2022年10月8日(土)~10月10日(月・祝)

募集 1月31日~2月25日(医籍登録番号で時間の制限あり)

受講料 80,000円(6日間の昼食代を含む)

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 疫学・衛生学分野
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 疫学・衛生学のホームページ、疫学・生物統計学をしっかり勉強したい方、お待ちしております。

まとめ

産業医の集中講座は北海道と関西にはないんですよね。

見つけ次第アップしたいと思います。

随時更新していきますのでブックマークしておいてください。

ちなみに産業医の資格を取ったらまずは非常勤の産業医として働いてキャリアを積んでいきましょう。

ぜひ非常勤産業医の記事 ↓↓↓ も読んでいってください。

コメント