感染症ガイドライン

感染

腸管感染症には抗菌薬は必要?

腸管感染症について 腸管感染症は病原性のあるウイルスや細菌などが食物や飲料水を介して摂取され、消化管の粘膜や機能が障害された結果、下痢や腹痛などの症状がみられる。 下痢や嘔吐などの急性胃腸炎症状は、日常診療でよく遭遇する症状で...