産業医の報酬、年収

今回は産業医の報酬、年収についてです。

産業医には大きく分けて2種類います。

1.専業産業医2.嘱託産業医です。

この雇用体系によって報酬、年収が変わるのでまとめていきましょう。

1.専業産業医

専属産業医というのは、従業員500人以上の特定業務に従事する事業所や企業もしくは、1,000人以上の従業員を抱える事業現場や企業において所属する産業医のことです。

医師登録数だけをみると約3500人前後の専業産業医がおり、平均の年収は800万となっています。 思ったより安くてびっくりしている人もいるかもしれませんがこの登録数は専業産業医と嘱託産業医のみやっている人が混じってしているのでこういう結果に至っています。

求人サイトでは一般的に週4回800万ー1200万前後、週5回で1000-1500万前後というのが一般的です。

ただ専業産業医を雇うのは多くが一流企業であるために昇給もあり退職金もしっかりもらえます。 企業によっては2000万前後もらえるそうです。

もちろん一流企業ということもあり福利厚生もしっかりしており、勤務時間もしっかり管理されています。

そのため子どもの小さい女医さんに専業産業医はたいへん人気があります。

一般募集をしていることがないため求人サイトで探すすることをおすすめします。

2.嘱託産業医

嘱託産業医とは正社員と異なる契約の雇用形態で、いわゆる非常勤職員に該当するわけです。

圧倒的に多いのが嘱託医師です。驚くべきが産業医の有資格者は約8万人と言われています。

医師は35万人前後と言われていますので30-40%の医師が資格を持っていることになります。

企業と嘱託契約(業務委託契約)を結ぶということになります。

しかし企業といっても50人以上の企業であれば産業医を置かなくてはならないため、地方では有名な中小企業、幼稚園や福祉施設等が多いです。

この場合の報酬ですが1回2-4時間、3-5万前後が相場です。

企業によっても違いますが週1-2回程度訪問することが多いです。

嘱託産業医の場合は求人サイトだけでなく地方の医師会などでも紹介してもらえることもあるため確認するとよいです。

コメント