産業医資格の取り方 その2 講習期間、費用

産業医の資格を取ることを企んでいるトラスタスです。

今回は実際の産業医資格をとるためにはどのくらいの期間と費用が必要なの?ということを解説していきたいと思います。

目次

1.産業医資格の講習期間、費用について

2.産業医集中講義について

3.ばらばらに講義を取る方法

1.産業医資格の講習期間、費用について

産業医の講習は主に分けて集中講義とばらばら講義を取る方法があります。

そのため講習期間は集中講義であれば最短で6日間。

ばらばらに講義をとるとなると3か月から2年前後です。

費用に関しては講習費用が5万から15万前後に加えて、産業医の各都道府県医師会への申請費用が10800円(医師会会員の場合は不要なことが多い)がかかります。

講習費用が5万から15万なんてばらつきすぎだろ!!ってつっこみがあると思いますがまさにその通りです。

産業医の講習会は各都道府県医師会が行っていることが多く、各医師会によってかなり値段に差があります。

また医師会の会員か非会員で値段が変わってくるからです。

例えば自分が受けてた日本医科歯科大学・東京都医師会主催の前期研修(14単位)ですが

日本医科大学医師会会員 2万

東京都医師会会員 3万

非会員 4万円

となっています。

日本医科大学医師会会員と非会員で2倍の差がつきます。

産業医取得のための基礎研修は50単位以上であるため、この価格差がボディーブローのように効いてきます。

しっかり調べてから申し込んだほうが良いですね。

2.産業医集中講義について

集中講義は一気に50単位取れるため時間的に無駄がなく忙しい医師には大変おすすめの方法です。 ただ平日に行われることが多いため夏休みなどせっかくの休みをつぶして行かなくてはなりません。

私は夏休みをつぶしたくはなかったためばらばらに取る方法をとりました。

集中講義は自分が調べた中では2つあります。

①産業医科大学の集中講義

産業医医科大学の集中講義はかなり有名ですよね。実際に自分の上司はこの方法で取りました。 今は北九州と東京の2か所で行っています。

6日間連続で講義は行われます。

2016年度は 北九州は1年に2回行っています。

第1クール 7月25日(月)~7月30日(土)

第2クール 8月1日(月)~8月6日(土)

申込期間はいつでも可能ですがだいたい1年待ちとなっています。

東京は年に1度だけ

12月17日(土)~22日(木)

申込期間は8月6日~9月16日でした。

費用については2016年時点で北九州だと8万円、東京だと12万円で取れます。

それに宿泊費と交通費も考えなくてはいけないので注意してください。

産業医科大学|産業医科大学が行う研修事業

②独協医科大学の集中講義

独協医科大学は週末に6日間

2016年度は 8月28(日)、9月4(日)・11(日)・18(日)・19(月・祝)・25(日)日

費用は54000円で格安ですが移動費も考えなければなりませんね。

【獨協医科大学医学部同窓会】産業医学講習会|獨協医科大学で開催する産業医学講習会のご案内です。

集中講義は他にもあるかもしれませんので教えて頂けると幸いです。

3.ばらばらに講義を取る方法

ほとんどの人がこの方法でとると思います。

都道府県や市町村の医師会で行われている基礎研修の講義を50単位以上取る方法です。

基礎研修50単位以上でも3つにわかれており

前期研修(14単位以上)

実地研修(10単位以上)

後期研修(26単位以上)

となっています。

50単位って何?って思われる人は下のページも確認して頂けると幸いです。

産業医の取り方その1 基礎研修について
上司が産業医をやっているのをみて「おいしいなぁ~。」と思って産業医の資格を取り始めたトラスタスです。今回は産業医資格の取り方ってどうやってやるか。一番大事な基礎研修について述べていきたいと思います。 目次1.産業医...

まずは講習会がどこでいつ行っているか確認しないといけません。

一番ポピュラーなサイトは日本医師会・認定産業医サイトです。

産業医とは|日本医師会・認定産業医サイト
産業医を目指している方、産業医をお探しの企業の皆様に情報を提供しております。

ここでいつどこでやっているか確認してください。

比較的どこの都道府県でも行われていることがわかると思いますが前期研修は行っているところが少ないのがわかります。

ちなみに前期研修が終わっていないから実地研修や後期研修を受けてはいけない訳ではないのです。

①前期研修(14単位以上)

前期研修は行っているところが少ないです。基本的に大都市で行われていることが多いです。

東京や大阪は比較的多く行われています。

前回も書きましたが2日間連続して取りましょう。

受ける内容が決まっているためにばらばらに取ることが難しいです。

また費用ですが場所によってかなりばらつきがあります。

自分が調べた中ですが非医師会会員でも

埼玉 24000円

大阪 30000円

静岡 40000円

東京 40000円

となっています。

医師会会員であればその半額になることが多いです。

つまり前期研修は期間は2日間、費用は12000円~40000円となっています。

②実地研修(10単位以上)

実地研修は10単位ですが、まとめて、また連続して行っているところが少なく取得が難しいです。

産業医を更新するための生涯研修の実地と同時に行われています。

具体的には1日で後期研修4単位と実地研修2単位とか実地研修だけだと2単位~4単位といった具合です。

行われる場所や回数が少なく、すぐに締め切られる傾向にあります。

特に実地研修のみ行われいるものがすぐに締め切られます。

実地研修は1日で後期研修と一緒に行われているものも多いので後期研修と一緒に申し込むことをおすすめします。

取得できる単位は後期研修4-5単位+実地研修2単位の組み合わせが多いです。

費用は1日で8000円~20000円となっています。

実地研修のみ行っているところは調べた中では2-6単位で2000円~20000円でした。

2単位と短いものや地方でやっているものが安い傾向にありました。また地方でやっているほうが安い傾向にあります。

1単位あたり1000円~3300円です。3倍以上の差があります。

③後期研修(26単位以上)

後期研修は26単位と多いですが日時も場所も比較的選べます。

丸1日行われることもありますし、19時前後から2~3単位の講習を行っているところもあります。

ちなみにおすすめは実地研修とセットになっているものを中心にとることです。

理由は実地研修が取りづらいからです。

もちろん少しずつ取ることも可能なので自分にあった形で取りましょう。

値段は実地研修と同様で1日6-7単位で8000円~20000円となっています。

安ければ1単位当たり1000円です。

おすすめは実地研修と後期研修は

実地研修2単位+後期研修4-5単位 × 5日間 + 後期研修 残り1-6単位 × 1日間

費用は全部合わせて 2万6000円 ~ 12万円

となっています。

~本日のまとめ~

医師会の認定産業医になるためには 集中講義とばらばら講義を取る方法がある。

講習期間は集中講義であれば最短で6日間。ばらばらに講義をとるとなると3か月から2年前後。

講習費用が5万から15万前後。

産業医の各都道府県医師会への申請費用が10800円(医師会会員の場合は不要)。

以上です。

コメント